03

仲介
不動産物件と人をつなぎ、
幸せを応援する仕事です。

「彼女がほしい」「彼がほしい」。そんなお友だちに、誰かを紹介したことがありませんか。仲介の仕事は、たとえるなら物件と人をつなぐ恋のキューピットのようなもの。

まあ、現場はそんなにスィートではありませんが。ただ、人の望みや幸せを応援する、という意味においてとても似ています。「土地や建物を売って、次の事業を始めたい」「土地を買って家を建てたい」「結婚するのでマンションを探している」。そうした方たちの仲立ちをします。

ジャパンマーケティングの仲介の場合、売主さまとなるのは、すでにお取引のある顧客の方やご紹介の方がほとんど。こうした方々から実際に売却依頼をいただくために必要なのは、売主さまのご希望と状況に合わせたご提案を親身になって行うこと。自社の利益を前提にご提案するのではなく、売主さまの利益を最優先に考えてご提案します。場合によっては売却をしない、もしくは、売却ではなく賃貸にした方がいいといったご提案をすることもあります。

売却や賃貸のご依頼をいただいたら、できるだけ早く新しい方に出会えるように尽力します。具体的には、ジャパンマーケティングに信頼を寄せていただいている不動産会社100社のネットワークを通して、お客さまを探すわけです。さまざまな物件をより早く的確にお客さまに届ける工夫も凝らします。たとえば、事業用物件でこのエリアならA社B社C社に、マンションでこのエリアならD社E社F社に依頼するというように。最も効果的なキャスティングを行なうことも重要な仕事になります。